ビジネスマッチングアプリ「Yenta」を使って一番最初に会った「人の名は」

ビジネスマッチングアプリ「Yenta」を使って一番最初に会った「人の名は」

こんにちは。

JOBSのバックオフィス的な立ち位置を任されているようないないような、正直言うと任されているわけではないYantaです。

 

Yantaプロフィール

W大学卒業後、N社で新規事業やら総務やら、何から何までPDCA回して、現在、K庭を持ち仕事とPライベートの両立を目指し奮闘中。G馬県の地方創生にも力(power)を入れているとかいないとか。

 

YantaがYentaを使ったのは先月から。

 

YentaがYantaの存在を知ったのも、先月から。

 

先月は6月。

 

Yentaを使ってみたYantaの感想を30文字以上50文字以内で簡潔に僭越に、そして情緒不安定な状態でまとめてみた。

 

「Yentaは次々と出てくるビジネスマンのプロフィールを直感的に合うか合わないか判断して右スクロール、そして左スクロールすることによりマッチングを図る代物である」

 

そんな神アプリYentaを使いYantaが一番最初に会った人の名は「Gonta(仮)」

 

なぜ(仮)なのか。

 

個人情報を守りたいと言うYantaからGontaへの配慮であり、Yentaへのリスペクトを込めてGontaにYantaを、、、、

あ、二つ目のは意味がわからない。間違えました。

 

忘れてください。

 

YantaはYentaを通してGonta(仮)と出会い、その後思いもよらない形で物語が進んでいく。

 

それはそれは壮大ではなく、並外れていない果てしなく一般的な事例であるため、あえてここでは紹介せず、むしろこの記事を読んだ人がすぐにYentaを使ってみることをオススメしたい。

 

https://yenta.talentbase.io/yenta/

 

登録はきっと5分たらずで終わり、申請が降りればすぐにマッチングを開始できる。やるかやらないかはAnata次第。YantaはYentaでGontaに会った。やるかやらないかはAnata次第。左スクロール、右スクロール、Anata次第。

 

これだけYentaを紹介してるんだからYentaから何かしらのオファーやら物が届いて欲しい今日この頃。そんなこんなでまとまりのないところを売りにしながら今日の記事は終わりにしたい。

 

次回は、『コンビニタッチングカード「Ponta」で一番最初に買った「飴の名は」』で大勝負に出ようと思ったり思わなかったり、正直言うと思っていないYentaでした。引き続きどうぞよろしくお願い致します。

blogカテゴリの最新記事