変革をおこしたいならまず常識を疑え

変革をおこしたいならまず常識を疑え

どうも。突然運動しまくっているHiroyukiです

 

動くと気持ちがいいので、考えもスッキリしていいですね

諸君、変革をしたいか?

変革というと少々仰仰しいかもですが、何かを変えたいっていう人は多いと思います。

職場を変えたい。上司を変えたい。環境を変えたい。家を変えたい。

しかし少し変えるだけでは、すぐ元に戻る可能性もあります。

前の職場の方が良かったな。今の上司もやだな。また環境を変えたい。などなど

 

そこであえて「もう大胆に変えてしまうぜ!!」ってことで変革という言葉を使っています。

今の職場環境や人に人間関係に不満があって転職したいっていう人が多いですが、そういう人には転職を進めない場合が多いです。

なぜなら、環境を変えても自分が変わっていないので、結局同じ悩みを持ってしまう人が多いからです。

まずは自分を変えるということが重要って話ですね。

 

そこで考えて欲しいのが、自分自身の思考の癖です。

誰しも必ず思考に癖を持っています。

そしてそれが気づかないうちに自分の考え方の基準となり自分自身を縛っています。

(どっかのTakehiroが同じようなこと言ってしましたね)

JOBS立ち上げ秘話_Takehiroの裏テーマ

それも自体も変えてくれって感じではありますが、今日話したいのは変革を起こす思考についてです。

人は目の前のことに気を奪われがちです

自分自身(組織でもそうですが)に変革を起こすには、でもそれってさ・・・とそもそもの本質に立ち返ることが重要です。

これを「ストリートスマート」と言います。(ここテストに出ます)

本質に立ち返って考える力です。

状況に応じて臨機応変に対応するすることであったり、人とより深いコミュニケーションが取れる人ってこの能力が備わっています。

また成功する人にも同じような思考法が備わっています

革新的なサービスはこの考えによって生まれてました。

誰も思いつかなかったようなことを思いつくことが出来る考え方です。

 

この反対が何かと言うと「ブックススマート」

つまり「お勉強」が出来る賢さ

こういう思考法の人は革新的な考えをすることは苦手です

なぜなら「教科書には載っていない」から

これはこういうものだ。とか

こうなることはありえない。とか

太陽だって昔の教科書では回ってることになってしましたよ

 

常識に縛られるので、新しい発想や別軸の視点を持つことが難しくなってしまいます。

常識なんて偏見のコレクションなんですけどね

 

そもそもそうとは限らないよね的な思考を持つことで、自分の常識に縛られず、新しい発想と縛られた考えから解放されることができます。

 

企業で働かないといけないって誰が決めたんですか?

転職を何回もしてはいけないって誰が決めたんですか?

ちゃんと生きるってどういうことですか?

ちゃんと仕事するってどういう状態ですか?

考え出したらキリがないですw

何かの型に縛られる必要なんてないんですよ!

そんなの無理だよ。

自分にはそんな能力がないから。

それはHiroyukiだから出来るんだよ。

まぁ何万回もそんな話されましたけど。

 

そんなことねぇから

 

今あるもののほとんどが、そんなこと出来るわけないって言われてきたことの集合体ですからね。

自分の常識に縛られずに、ぜひ新しい可能性を考えてみて欲しいですね!

参考図書

blogカテゴリの最新記事