真面目に政府の提唱する働き方改革について研究してみた

真面目に政府の提唱する働き方改革について研究してみた

どうも。Hiroyukiです。

今日はちょっと真面目に働き方改革の話をしようと思います。

 

そもそも働き方改革とは?

労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため、長時間労働の是正、 多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等のための措置を講ずる。

出典:厚生労働省

要はいろんな背景の人がいるんだから、その人その人に合わせた働き方が出来るようにしましょー

そんな社会にしていきましょー

って話ですね。

そのためには、長時間労働とか雇用形態によって待遇が違ったりとかするのやめようっていう話です。

働き方改革実現会議

働き方改革を実現化するために、担当大臣まで立てて進めています。

首相官邸のHPによると

「世の中から非正規という言葉を一掃する」

「長時間労働を自慢するかのような風潮が蔓延・常識化している現状を変えていく」

「単線型の日本のキャリアパスを変えていく」

というのが、働き方改革をしていく上で、現在の日本の課題を踏まえた上での解決に向けての解決提案。

そして、この改革は総理自らが議長となって進めている会議となります。

何故ならば、この働き方改革はアベノミクス3本の矢の構造改革の柱となる改革になるからです。

働き方改革の目的

我が国は、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しています。
こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。

出典:厚生労働省

ここで重要なもう一つのキーワードは「一億総活躍社会」

みんなが活躍出来る社会にしましょう!っていうのが、働き方改革の根本の目的なわけです。

なんでこんなこと言われているの?というと

労働力人口の減少

 

 

要は「人口減る」→「労働力も減る」ってわけです

じゃあ今のままじゃシゴト、ヤバいじゃん!!

ってなったわけですね。

出典:内閣府 http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/sentaku/s2_1.html

そこで打ち出されたのがこちらです。

働き方改革の具体的な3つの課題

働き方改革を実現するためには3つの課題があります。

  • 長時間労働
  • 非正規と正社員の格差
  • 労働人口不足(高齢者の就労促進)

 

これを解決するために、残業時間を減らせ!とか

プレミアムフライデー(これ、どこに行ったんだろ・・・)とか言われてたわけです

 

非正規と正社員の格差に関しても、まだまだ育休、産休も含め契約社員や派遣社員の増加

派遣止めなども問題になりがちです。。。

(今度、ちゃんと正社員目指しましょう的なイベントも考えてますw)

 

 

これからは「人生100年時代」と言われていますが、寿命が100年ということではなく100年間働く時代が来るであろうということです。

 

その期間をどう働くかって重要ですよね・・・

1億総活躍社会!!

みんなが活躍する世の中を私も作りたい!

でも労働時間が短くなれば、それって実現するのか?

 

ちょっと真剣に考えてみます

長時間労働

短くなればオッケーなのか?

私は1日中働いてますし、土日も関係ないです。

でも超絶ハッピー

楽しいです。

仮に労働を短くしろって言われたら困るレベル(仕事は探せば無限にあるので終わらない)

そういうことじゃないんだよ!って思った方

分かります。私もかつては、始発ー終電のサラリーマンしてましたから。

この時、長時間労働はマジで是正して欲しかった。

そんな時、奇跡が起こったんです!!そう!ノー残業デーとかいう魔法の言葉

残業無しは流石に無理だったので、プチ残業デーでしたが・・・

しかし、美味しい話には裏がある。。。

仕事量は変わらない

結果、次の日の出勤時間が早くなるだけ。

( ・∇・)

↑こんな顔になりました

(そんなプチ残業デーも最初の2〜3週間だけだったのは言うまでもない)

 

要は、仕事を楽しめるかどうかですね!!

ブラック、ブラックと言いますけど、結局は個人の捉え方次第。

長時間労働だけが問題ではないはず。(過労死問題に発展するようなものはまた別ですが・・・)

 

非正規・正社員の格差

非正規社員になったことはないですが、知り合いの外資では契約社員の時も残業マックスだったため、

正社員になってボーナスは出るが、残業代が見なしになった為、結局変わらず、、、

みたいな話を聞いたことがありますが・・・

保障とかも考えるとやはり正社員との違いはありますかね

正社員かどうかは、守られているかどうかになりますが、今後は会社に属する働き方に限らないので

正社員かどうかよりは、自分が生き抜く力を持っているかどうかに依存すると思っています。

(個人の見解です)

 

労働人口不足

人生100年時代ということが言われていますが、個人的には労働力不足ってあまりピンと来てなく・・・

確かに慢性的に人が足りていない企業はすでに多いですが、この辺は生産性とかとの関わりも大きいのかなとか思っています。

そしてAIを含め、機械が発達していくので労働人口不足は深刻になるのか疑問です

高齢者の就労促進に関しては、シゴトとイキルがもっと重なった時にやりがいを持ってシゴトを続ける人が増えるのかと思っています。

シゴト=労働

ではなく、シゴト=イキルになっていけば、促進しなくても勝手にみんなシゴトはするはず

それは、畑仕事なのか日用大工なのか、外部顧問なのかは分かりませんが

 

私の父親も引退後、即シゴトしてましたね

資格まで取ったりしていました(アクティブ!!)

 

とまぁ長々と書き上げました

ちょっと本質や国の言いたいこととずれていることもあるかもしれませんが、これが正直な気持ちです!

 

もっと楽しくシゴトする人が増えてほしい!!!

このぐらいシンプルに考えてます

考察カテゴリの最新記事