インターネット全盛においても他の追随を許さない「本」とかいう怪物コンテンツ

インターネット全盛においても他の追随を許さない「本」とかいう怪物コンテンツ

どうも。

Kindle買ったくせに、本に囲まれた生活をしたいとも思っているHiroyukiです。

 

皆さん本は好きですか?

私は小学生の頃、本気で図書館の本を全部読もうと思ってたぐらい好きです。

 

本の持っている情報量や信頼度ってすごいですね。

新聞が読まれなくなっているということが繰り返し言われていますが、本に関してはネットに取って代わられる気配を感じません。

ネットニュースとかも発達し、こんなにも多くのブロガーやSNSが毎日情報発信をしているのにも関わらず、インプットにおいて信頼が高いのは「本」です。

 

本にもジャンルもたくさんありますが、情報量でいったらインターネットには勝てないでしょう。

しかしインプットの方法で「本」が選ばれる理由はなんなのでしょうか?

 

インターネットを周遊するよりは結局1冊の本を読んだ方が早い

1記事1記事の情報の深さというのが、インターネットだと限界があります。

もちろん中にはちゃんとエビデンスも出しながら詳しく解説しているものもありますが

多くの人に読まれることを目的としているネットの記事というのはどうしてもさわりの部分が多い印象です。

読ませようとする対象が広いので。

 

情報の質

同じような情報が多かったり、いろんな意見があったりで情報に惑わされることがあります。

もちろん本の中にも質はありますが、そもそも分量が多いので、その中から取捨選択する幅が広いです。

 

トレンドに左右されない情報がある

インターネットには毎日更新されるため、最新の情報があります。

しかし、まだ検証されていなかったり、最新過ぎて間違った情報だったりします。

本が売られる過程では多くの人の意見が反映されています。

様々な角度から校正なども入り、本は出来上がるので伝わりやすい表現で書かれています。

それ故、受け入れ易いということがあると思います。

 

インターネットの内容も結局は本の引用

インターネットで書かれている内容も割と本から引用されています。

本は二次情報だと言われていますが、インターネットの内容は三次情報も多いです。

やはり情報としての鮮度はかなり落ちると思います。

 

なんとなく信頼出来る

本になるくらいだし・・・みたいな笑

最近は、本を出すのも出版社を介さなくて良かったり、かなり出版へのハードルは下がっていると思われますが、それでも一部です。

本を出しましたってだけで、だいぶすごい感じするのは私だけですか?笑

 

ということで

今回は、完全に個人的な主観で考えてみました。どこからもデータは取ってません。

とりあえず脳内からアウトプットしました笑

 

合ってるか間違っているかは分かりません。ぐらいの感覚で今回の記事は書きましたが、

ネットの記事ってこんな感じで書かれていることも多いです。

そして対策すれば技術で検索上位にあげることも出来ます。

 

結論を言わせてもらうと、本で得た情報やインターネットで得た情報も経験に勝るものはないです。

自分で得た一次情報を大切にして欲しいですし、もっと一次情報を得られる場所へ積極的に飛び込んで欲しいですし、二次情報を実践し、一次情報として変換して欲しいです。

 

そうでなければ、ただの頭でっかちになってしまいますからね!

本についてちょっと深掘りしてみました!また今度、さらに深く考えてみようと思います。

Kindleストア売れ筋ランキング(Amazonへ飛びます)

blogカテゴリの最新記事